タグ:自然公園 ( 523 ) タグの人気記事

『側柏(コノテガシワ)の球果達・・・♪』

公園や街の中を歩いていますと小さなヒノキっぽい木に何となく金平糖のようなものが付いているものを目にすることが多くて立ち止まって眺めてしまいます~

見られる金平糖のようなものは『コノテガシワ』の『球果』です・・・・・
ホームセンターやショッピングモールの駐車場などでも最近は良く見かけるようです~

花に出逢って写した事もありますが気が付く頃には球果が出来ていますので花姿はあまり撮れない植物です・・・・・><




『見れば見るほど楽しくなる実・・・^^』 ヒノキ科コノテガシワ属の常緑針葉高木
学名はPlatycladus orientalisと言います~

1.
d0054276_2163955.jpg

ヒノキ科の植物の1種でコノテガシワ属唯一の現生種になります(大昔のものは化石として産出しているようです)

朝鮮と中華人民共和国北部に分布する常緑針葉高木で枝は密に出てほぼ直立して枝葉の表裏の区別がありません・・・・・
同じヒノキ科でもヒノキ属などでは明確に表裏の区別が判ります~^^




2.
d0054276_2164813.jpg

雌雄異花で花期は3〜4月頃に咲きます・・・
雌花は淡紫緑色で雄花は黄褐色です~^^

球果は角のある独特の形で淡灰青色になります

枝が直立する様子が子供が手を上げている姿に似ていることからコノテガシワ(子の手がしわ)の名があります・・・・・

こんもりと丸みを帯びた樹幹の小低木となる園芸品種のセンジュ(千手)が広く普及していて公園木や庭木としてよく栽培されています~(写真のものもセンジュかも知れないです~)




3.
d0054276_2165860.jpg



4.
d0054276_217648.jpg

知らない人が見たら何かの虫の卵や繭に見えるかも知れませんね・・・・・




5.
d0054276_2171645.jpg

優しい緑色の葉に囲まれるようにして生っています~
葉の色と球果の淡い色とのコントラストがいいですね・・・・・♪^^




6.
d0054276_2173288.jpg

こんな感じで見られます~
背の高い木は見た事が無いので『センジュ』なんでしょうね~♪^^




7.
d0054276_2174378.jpg



8.
d0054276_2175368.jpg

コノテガシワは一番近くでは家から歩いて5分程の家の前に見られます
ちゃんと花も実も見られますよ~^^

河川環境楽園の駐車場やショッピングモールの『モレラ岐阜』の駐車場にも多くのコノテガシワが見られます




9.
d0054276_218371.jpg



10.
d0054276_2181937.jpg

明日の土曜は仕事なので写真を撮りに出かけられません・・・・・
日曜は選挙に出掛けてから近くで何かを写そうと思っています~^^

あまり暑くならなければいいのですが・・・・・♪^^






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-07-19 21:30 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『水郷風景(アクアワールド水郷パークセンター)』

昨日は『アクアワールド水郷パークセンター』の中に咲いていた花を載せましたがこの公園の見所は水郷地域の雰囲気が感じられる所です・・・・・

木曽三川公園は何箇所にも分散してとても大規模なものですがこの辺りが一番のんびりしているように思われます・・・・・^^

今日はここで見かけたチョウトンボやイトトンボのトンボ達と水車のある風景や蓮の花が咲く水路と広大な蓮が咲く風景を載せる事にしました~




『アクアワールド水郷パークセンターにて・・・・・』

1.
d0054276_20572469.jpg

アクアワールド水郷パークセンターは岐阜県海津市にある『国営木曽三川公園の中央水郷地区』の施設になっています・・・・・

環境教育に関するセミナーやイベントなどさまざまな情報が提供されますが体験教室ではお菓子づくりやクラフト体験も開催されています~
園内各所にある交流サロンには双眼鏡やフィールドスコープも常設されているので年間を通じて季節の花々や野鳥を観察することもできます~~^^

このオランダ風車がこの公園のシンボルになっています~^^




2.
d0054276_20573648.jpg

公園内を流れる大きな水路には蓮も見られます~




3.
d0054276_2057453.jpg



4.
d0054276_20575474.jpg

蓮の蕾にチョウトンボがとまっていました~~
私には飛翔姿は無理なのでとまっていたものを写しました・・・・・♪^^




5.
d0054276_20582100.jpg



6.
d0054276_20581580.jpg



7.
d0054276_20582789.jpg

水路で見られた木舟・・・・・
この公園内だけでもこんな木舟が見られる所が数箇所ありました~
何となく好きな光景なのでカメラを向けました・・・・・^^




8.
d0054276_20583879.jpg

ビッシリ生えている蓮達ですがここはまだ少ないようでした・・・・・
少ないなんて言っても他の蓮畑や蓮池と比べれば広大に思えますね~




9.
d0054276_20584894.jpg



10.
d0054276_20585979.jpg

蓮の葉と雨の雫とイトトンボ達~^^




11.
d0054276_2059853.jpg

近くにとまってくれたチョウトンボ~
太陽が照っていたらメタリックっぽい翅がもっと綺麗に輝いたのでしょうね・・・・・♪




12.
d0054276_2059182.jpg

果てしなく広がる蓮風景・・・・・^^
向こうが何処までなのか全く判りませんね~♪




13.
d0054276_20592976.jpg



14.
d0054276_20593910.jpg

この風景を見ていたら何故か笑ってしまいました・・・・・
『今まで見ていた蓮の風景って何だったんだろう?』って思えるくらい広大でした~




15.
d0054276_20595048.jpg

この風車の前にはもう少しすれば『オニバス』の花が見られるます
オニバスの花は『鬼』が付くのに普通の蓮より小さな花なんですね~
一度も写真に写していないので写したいと思っています・・・・・^^




16.
d0054276_210224.jpg

特別変わった蓮の花が咲く所ではありません・・・・・
ただ見られるのは蓮・・・ハス・・・はす・・・
健康や環境問題などを重視するライフスタイルは『ロハス(LOHAS)』ですが・・・関係なかったですね~(笑)




17.
d0054276_210128.jpg



18.
d0054276_2102341.jpg



19.
d0054276_2103282.jpg

木舟の大きさで蓮の葉のサイズが良く判りますね・・・
大きな葉が茂っていました~
ふと『木舟に乗り込んでみの蓮のジャングルの中に突っ込んで行ったら楽しいだろうな~』なんて思ってしまいました・・・・・^^

この日は曇り空で時々雨が降る天気でしたが晴れていて青空だったら素敵だったでしょうね~




20.
d0054276_2104235.jpg

今まで『蓮』の花を写すのにこれだけ車を走らせて色々な所に出掛けたことはありませんでした・・・・・

そろそろ蓮の似合う年頃になったようです~(笑)

1日に3箇所の蓮探しの写真はこれで終りですが翌日に美濃市のお寺前の蓮畑で毎年写している蓮の花写真がまだありますので・・・・・
『蓮゜(パス)』しないで見て下さいね~~♪^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-10 21:42 | 風景 | Comments(14)

『合歓木(ネムノキ)の花~』

今の季節にはネムノキに綺麗な花が咲いているのが見られますが写真に撮ろうとするとなかなか綺麗な花が見られません・・・・・
朝寝坊して寝癖のまま『お早う~』なんて言っているみたいな花や御転婆娘のセーターのような毛玉だらけみたいな花姿になっているものも多くありました・・・・・><

綺麗な花の多い所を探して写せばいいのですが無かったら季節外れになってしまうので今日載せる事にしました・・・・・(写真は6月30日に写したものです)




『マメ科なのに蝶形花じゃないですね~><』 マメ科ネムノキ亜科ネムノキ属の落葉高木
学名はAlbizia julibrissinと言います~

1.
d0054276_219205.jpg

河川環境楽園の駐車場近くで見られたネムノキです(笠松のトンボ天国近く)
この周辺には何本もネムノキがありました~^^




2.
d0054276_2193090.jpg

イランやアフガニスタンや中国南部それに朝鮮半島にも見られて日本(本州・四国・九州)にも自生しています陽樹であって荒れ地に最初に侵入するパイオニア的樹木です~
河原や多種木林に生えて高さは10m程まで成長します・・・・・
芽吹くのは遅いのですが成長は他の木と比較するととても早く感じます~^^




3.
d0054276_2193971.jpg

和名のネム、ネブは夜になると葉が閉じる『就眠運動』に由来しています・・・・
漢字名の『合歓木』は中国ではネムノキが夫婦円満の象徴とされていることから付けられたもののようです
ネムノキを『コーカンボク』と漢名のまま呼ぶ事もあります~♪




4.
d0054276_219518.jpg

葉は2回偶数羽状複葉で花は頭状花序的に枝先に集まって夏に咲きます・・・・・
淡紅色のオシベが長くてとても美しく見えますね~^^

香りは桃のように甘い香りがします~
果実は細長く扁平な豆果なのでどう見てもマメ科ですね~~
でもマメ科に属しているのに私の大好きな『蝶形花』とは大きく異なっていて花弁が目立ちません~><
こんな感じで蝶形花が咲いていたらもっと綺麗に撮ってあげたのに・・・・・なんてちょっぴり負け惜しみ~><




5.
d0054276_2110010.jpg



6.
d0054276_21102339.jpg



7.
d0054276_21103576.jpg



8.
d0054276_21104582.jpg



9.
d0054276_21105853.jpg



10.
d0054276_2111884.jpg

沢山咲いていたネムノキの花達~♪^^




11.
d0054276_21111975.jpg



12.
d0054276_21112761.jpg

ここからは木曽川水園の中に咲いていたネムノキです~
近くには私が時々写している『古民家』が見られます・・・・・^^




13.
d0054276_21113942.jpg

萱葺き屋根の古民家をバックに・・・・・♪




14.
d0054276_21114856.jpg

時々勘違いしてネムノキの葉に触れて『あれ?葉が閉じないよ・・・』って言っている人を見かけます
葉に触れると葉を閉じる『オジギソウ』と勘違いしているようですね・・・・・^^
オジギソウの葉はネムノキの葉に良く似ていますね^^
それもその筈でどちらも同じマメ科ネムノキ属の植物になります~^^

ネムノキの葉は触れても閉じませんが暗くなると自然に葉を閉じます・・・・・♪^^




15.
d0054276_21115843.jpg



16.
d0054276_21121046.jpg


こちらでは家の庭や鉢植えでも見られますし公園やスーパーの駐車場でも見られる所があります
私が気に入っているスーパーのネムノキは長良公園近くのバローの駐車場のネムノキです~
低い位置にも花を咲かせているので花をアップで写すには便利な木です~^^





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-05 21:38 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『八重の梔子(クチナシ)とLiliaceae(ユリ科)の花達』

河川環境楽園の中にある木曽川水園には多くの梔子(クチナシ)が見られましたが殆どが八重咲きの花でした・・・・・
普通見られる一重のクチナシは八重より花が早く咲くのでこの季節には八重ばかり目立っているのかも知れないですね~

八重咲きのクチナシは特に香りがいいですね~
学名の中の種名は『jasminoides』ですがこれは『ジャスミンのような香りを持つ・・・・』と言う意味のようです
八重咲きの花には実は生りませんがクチナシの実は熟しても割れないので『口を割らない』からクチナシと言われるようになったようですね~

私は子供の頃にはこの花はお葬式に使うものだと思っていました・・・・・
多分『死人に口無し』を『死人に梔子』って勘違いしていたんだと思います~~(笑)




『もう八重梔子の花も終盤になりますね・・・・・』  アカネ科クチナシ属の常緑低木
学名はGardenia jasminoidesと言います~

1.
d0054276_2162236.jpg

クチナシの花にはスズメガ達が良く来ています・・・・・
特にオオスカシバの姿を良く見かけます~~
この日は見られませんでした・・・・・><




2.
d0054276_2163413.jpg

庭にも良く植えている所を見かけますが『クチナシを植えると蟻が集る』と言って嫌う人もいるようですね
蟻も甘い香りに誘われるのでしょうか・・・・・・・?^^




3.
d0054276_2164312.jpg



4.
d0054276_2165340.jpg



5.
d0054276_217311.jpg



6.
d0054276_2171225.jpg



7.
d0054276_2172137.jpg

人によっては『薔薇咲き梔子』なんて言う事もあるようですが一般的じゃないですね・・・・・
クチナシを漢字では『梔子、巵子、支子』と書くようですが普通は『梔子』を使う事が多いです~♪^^







『木曽川水園に咲いていたユリ科(Liliaceae)の花達』

8.
d0054276_2173016.jpg



9.
d0054276_2173996.jpg



10.
d0054276_2175469.jpg



11.
d0054276_218350.jpg



12.
d0054276_2181261.jpg



13.
d0054276_2182273.jpg



14.
d0054276_2183144.jpg

ユリ科の花も色々咲いていました・・・・・
最近はユリ科だったネギやニラがヒガンバナ科になったりしますがこのユリ科の花達は変わる事無くいつまでもユリ科でいられますね~

今年はササユリが見られませんでした
もう岐阜市内では終わっているのでしょう・・・・・

タカサゴユリやテッポウユリはこれから暑くなると咲きますが高原に咲くクルマユリやオニユリとコオニユリ達にも逢いたいです~
やっぱり伊吹山に今年は登りたいです・・・・・♪^^

街中の街路樹下にはアガバンサスが綺麗に咲いています
でも人が歩いているので座り込んで撮るのは流石に私でも気が引けます・・・・・><





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-04 21:29 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『姫蒲(ヒメガマ)と雀(スズメ)』

秋の七草を続けて2種載せましたので今日は『ハギ』かなと思われる人もいるだろうと思ったので『ガマの穂』を載せる事にしました(結構意地悪ですね~・・・・^^)

ガマには良く知られているものは3種ありますが梅林公園に生えていていつも載せているものは普通の『ガマ』ですが今日載せた木曽川水園に生えていたガマは『ヒメガマ』です~

ヒメガマの区別法は説明文の中に書いておきますね・・・・・♪^^




『湿原のフランクフルト達~♪^^』  ガマ科ガマ属
学名はTypha domingensisと言います~

1.
d0054276_21221275.jpg

多年生の抽水植物で湖沼や溜池や水路などに生えています~
全長は最大で2m程度になり葉は線形葉で幅5~15mmで細い葉です・・・・・

花期は6~7月で直立した花茎に茶色の雌花群と雄花群をつけます
花茎の上部に雌花群があり下部にそれよりやや太い雄花群がつきます・・・・・
雌花群と雄花群は1.5~7.0cm程離れていてその間は花茎が剥き出しになっています~♪




2.
d0054276_21222246.jpg



3.
d0054276_2122322.jpg

良く似ているモウコガマとは形態的に類似していますがヒメガマの方が葉の幅が広いことやモウコガマの雌花にはヒメガマの雌花にある小苞が見られないことで区別ができます・・・・・

同じ仲間の『ガマ』や『コガマ』にも似ていますが『ガマ』や『コガマ』の雌花群と雄花群の間には隙間がないためにヒメガマは容易に区別できます~~♪^^




4.
d0054276_21224530.jpg

近くを歩いていたまだ若そうな雀でした・・・・・
近くでヒメガマを写していましたが逃げようともしなかったのでカメラを向けました~




5.
d0054276_21225426.jpg

沢山のヒメガマが見られました・・・・・
この花穂を見て『フランクフルトソーセージ』見たいに思う子供達は多いですね~^^
子供だけじゃなく写真を写す度に私も心の中でそう思ってお腹を鳴らしています・・・・・(笑)




6.
d0054276_2123413.jpg

雄花群の上部に緑色の茎が見られますね・・・・・
この上に雌花群があるのですがハッキリした隙間なので見た感じはこのヒメガマが綺麗に思えます~




7.
d0054276_21231466.jpg

『何写してるの?』なんて言っているような顔でこちらを見ていました~^^




8.
d0054276_21233017.jpg

ガマの穂綿は雀の餌になるのでしょうか?




9.
d0054276_2123423.jpg

雀を見ると『食べられないからガマんする~』って駄洒落で答えてくれました~(笑)




10.
d0054276_21235697.jpg

中から綿毛が顔を出し始めているものも見られました・・・・・
これからヒメガマ達は風に乗って遠くまで種を飛ばすのでしょうね~~^^
遠い昔に未知の世界に船出した『バスコ・ダ・ガマ(蒲)』のように・・・・・・・・・・・♪^^

堤防のスギナが気になって昨日と今日調べてみましたが普通のスギナが多い中にイヌスギナとミモチスギナらしきスギナが多く見られました
ツクシも3~4本出ていましたので例年と少し何かが違うような気がしました・・・・・

暫く雨の日が多そうですが週末は天気が良くなりそうですが気温は高くなるらしいです・・・><




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-03 21:56 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『桔梗(キキョウ)も優しく咲いていました~』

昨日載せた『オミナエシ』に続いて『秋の七草』の中に入っている『キキョウ』を今日は載せる事にしました~
街中でも家の前の植木鉢に咲いているキキョウを良く見かけるようになりました

キキョウの蕾は可愛くて子供の頃に常備薬として富山の薬屋さんが薬を持って来た時にサービスでくれる『紙風船』のようなので見る度にあの頃を思い出します
おもい切り強く叩くと『パ~ン!』と破れたものを見て小さい頃は悲しくなりましたがキキョウの蕾は割れる(開く)と綺麗な花が見られますので楽しみで待っています・・・・・

桔梗色と言われる青紫の花も綺麗ですが白花や少し赤味のある桔梗色の花も可愛く思えます
桔梗は大人好みの花のように感じます~~♪^^




『和を感じる花・・・・・』 キキョウ科キキョウ属の多年草
学名はPlatycodon grandiflorusと言います~

1.
d0054276_20571955.jpg

秋の七草の一つですが古くは『アリノヒフキ』と呼ばれ山上憶良(やまのうえのおくら)はアサガオを秋の野の花として『万葉集』に5首詠んでいますがこの『アサガオ』はキキョウの事なんですね~~^^




2.
d0054276_20572898.jpg



3.
d0054276_20573715.jpg

紙風船のような可愛い桔梗の蕾・・・・・^^




4.
d0054276_20574686.jpg

まだたくさんの蕾が見られます~
もうすぐ一面が桔梗色になるのでしょうね・・・・・♪^^




5.
d0054276_20575711.jpg



6.
d0054276_2058651.jpg

白花桔梗の蕾ももうすぐ開きそうです~♪^^




7.
d0054276_20581755.jpg



8.
d0054276_20582556.jpg



9.
d0054276_20583543.jpg

桔梗の花を見ていると花の名前から連想して『帰郷』を思い浮かべる事があります・・・・・
故郷を離れて知らない土地で暮らしそこに定住して暮らしていてもやっぱり生まれ育った所が恋しくなるのでしょう・・・・・

私は運が良いのか悪いのか今住んでいる所に生まれ育ったのでここが故郷になります
『故郷は遠きに在りて想うもの・・・・・』の本当の感情は判らないです・・・・・

でも『心の故郷』は幾つも持っています~♪




10.
d0054276_20584428.jpg



11.
d0054276_20585437.jpg

蕾の色が白っぽいものや少しピンク色のようなものがありますがまだ小さいのでこれから色が付くのでしょうか?

天気の良い日が続いていましたが明日から暫くは雨の日が多くなりそうです
『雨には雨の楽しみ・・・』を探してみたいですね~^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-02 21:20 | 身近な自然の話 | Comments(28)

『水辺に咲く女郎花(オミナエシ)の黄色い花・・・』

木曽川水園の水辺には昨日載せた『ハンゲショウ』が今は一番目立っていますが水辺周囲を歩きながら見ていると他の花達も見る事が出来ました~
キキョウやガマの近くに『オミナエシ』も咲き始めていました
秋の七草に入っているオミナエシですがもう花を咲かせていました~~

オミナエシは女郎花と書きますが他に少し大きくて強そうなものに『オトコエシ(男郎花)』と呼ぶものがありますがこの呼び方はあまり好みませんね~
オヒシバとメヒシバやオタカラコウとメタカラコウ等があるように『オミナエシとメミナエシ』って呼ぶ方が何となく似合っているような気がします~^^





『秋の七草の女郎花~』  オミナエシ科オミナエシ属の多年草
学名はPatrinia scabiosaefolia Patriniaと言います~

1.
d0054276_20451796.jpg

別名をオミナメシやアワバナ(粟花)やムシアワ(蒸粟)と呼ばれる事もあるようです・・・・・
茎は直立して高さ0.6~1.5mで毛があります~
葉は対生して羽状に全裂し裂片に粗い鋸歯(きょし)があります・・・・・

8~10月に上部の枝分れした先に黄色い小さな花が多数群がって散房状になります~
花序の枝は一側に白い短毛を密生して花冠は5裂します
果実は楕円形で平たくオトコエシのような翼は見られません~
名前はオトコエシに対して全体が優しい感じなので言いますが色々な説があるようです
オミナメシの名は花の色を粟飯(あわめし)に見立てたとも言われますがこのオミナメシが変化をしてオミナエシになったと言われるのが正式な名の由来のようです・・・・・^^




2.
d0054276_20452720.jpg

日当たりの良い草地に生えて手入れの行き届いたため池の土手などは良い生育地でしたが現在では放棄された場所が多くなっているので自生地は非常に減少しているようです~><
万葉の昔から愛されて前栽や切花などに用いられていました・・・・・
漢方薬としても用いられます~~♪^^




3.
d0054276_20453833.jpg

水辺でない所にも見られますが本当は水辺が好きみたいに思えます~
水辺に咲いているオミナエシは生き生きとしていました・・・・・^^




4.
d0054276_20454842.jpg



5.
d0054276_2045589.jpg

黄色く小さな花の集まりはとても可愛く思えました~^^




6.
d0054276_2046846.jpg



7.
d0054276_20461974.jpg



8.
d0054276_20462820.jpg



9.
d0054276_20463817.jpg

オミナエシの背後を木舟遊覧の客を乗せた船が通って行きました・・・・・
これからはオミナエシの黄色とオトコエシの白にフジバカマの淡い藤色とミソハギのピンクが見られるのでこの水辺が華やかに彩られます~♪^^




10.
d0054276_20464756.jpg





11.
d0054276_2046579.jpg

おまけの『オカトラノオ』です~
近くに1本だけ咲いていました♪^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-01 21:07 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『木舟と半夏生の見られる風景・・・・・』

今日は近くで花などを見ようと思って昼前から連れ合いと共に各務原市の河川環境楽園まで出掛けました
他に行きたい所もありましたが調べると花の時期に少し間があるようでしたのでここに決めました・・・・・

木曽川水園を一回りして咲いている花を探しましたが季節柄そんなに見られるものはありませんでしたので下流部の木舟遊覧の水路辺りに咲いていたハンゲショウと風景を写しました
他にはキキョウやオミナエシも見られましたがミソハギはまだのようでした・・・・・><

ハンゲショウは先日『梅林公園』のものを載せましたが数の多さと雰囲気が違うのでまた載せる事にしました




『木曽川水園の半夏生』
1.
d0054276_21151076.jpg



2.
d0054276_21152130.jpg



3.
d0054276_21153047.jpg



4.
d0054276_21154335.jpg



5.
d0054276_21155365.jpg



6.
d0054276_2116346.jpg



7.
d0054276_21161282.jpg



8.
d0054276_21162534.jpg



9.
d0054276_2116368.jpg



10.
d0054276_21164642.jpg



11.
d0054276_21165767.jpg



12.
d0054276_2117616.jpg



13.
d0054276_21171693.jpg



14.
d0054276_211727100.jpg



15.
d0054276_21173615.jpg



16.
d0054276_21174927.jpg



17.
d0054276_211808.jpg



18.
d0054276_2118926.jpg



19.
d0054276_21182030.jpg



20.
d0054276_21183189.jpg


来週は羽島市の『大賀蓮』を見に出掛けたいと思っています
天気次第ですが今までに出かけた事が無かったので一度は見たいと思っていました~

近くのササユリはもう終わったようで今は高山市の荘川町一帯が見頃のようですが遠いので出掛けられないです・・・・・><

今年は伊吹山にも行きたいし琵琶湖風景も写したいし・・・・・
それにブログを初めて一度も写真を載せていない『海風景』も今年は写したいですね~~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-06-30 22:40 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『百合の咲く風景・・・・・』

今日は昨日と同じ『谷汲ゆり園』で写したものですが昨日はユリの花をメインにして少し大きく写したものを載せましたが今日は少し離れて写したものを載せてみました・・・・・

ここには30万株のユリの花が見られますが7月半ばに開園になる『ダイナランドゆり園』では360万株(今年は追加もあって410万株になるようです)のユリが見られるようですが近いのでこのゆり園が私は好きなんです・・・・・♪^^



『ユリを感じて・・・・・』

1.
d0054276_21155469.jpg



2.
d0054276_2116324.jpg



3.
d0054276_21161396.jpg



4.
d0054276_21162643.jpg



5.
d0054276_21163767.jpg



6.
d0054276_2116494.jpg



7.
d0054276_2117089.jpg



8.
d0054276_21171246.jpg



9.
d0054276_21172433.jpg



10.
d0054276_21173589.jpg



11.
d0054276_2117468.jpg



12.
d0054276_21175769.jpg



13.
d0054276_21181055.jpg



14.
d0054276_21182117.jpg



15.
d0054276_2118321.jpg



16.
d0054276_21184210.jpg



17.
d0054276_21185382.jpg



18.
d0054276_2119419.jpg



19.
d0054276_21191463.jpg



20.
d0054276_21192468.jpg


今日仕事をしていると堤防方面から草刈の音が聞こえました・・・・・
時々堤防道路に作業員や警備員の姿が見られましたので堤防の北側(長良川側)の草刈が始まったようです・・・・・
堤防の両面の草がなくなるとこれから現れるバッタの仲間達の居場所が無くなりますね・・・・・><

今日FMの番組内で岐阜県のレッドデーターに付いて話していました
絶滅危惧種や絶滅種の数が『岐阜県のレッドデーターブック』を初めて作った年(平成13年)と比べると約10倍になったようです・・・・・><

今見られるものが明日には消えて無くなっている事が現実に起きています
『別に無くても生活には困らないから・・・・』なんて言っているといつか人類も『絶滅危惧種』になるかも知れませんね・・・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-06-25 21:29 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『谷汲ゆり園に咲く色々な百合の花達~』

日曜に花を見に出掛けながら立ち寄り温泉にも入ろうと言う事になり出掛ける候補を関市の板取地区の紫陽花祭りと板取温泉にするか揖斐川町の谷汲にある百合園で百合を見てから谷汲温泉に入ろうかと迷っていましたが『紫陽花は少し前に見たので今度は百合にしよう・・・・』という事になりました~

この谷汲ゆり園は毎年出掛けていますが『ゆり祭り』の当日に出掛けたのはこの日で2度目になりました
ゆりの花の販売や歌自慢などのイベントも行われていましたが私達(私と連れ合い)は最初から園内の隅々を見て回ろうと思っていたので散策コースをすぐに歩き始めました・・・・・♪




『色鮮やかな30万株のゆりの花~^^』

1.
d0054276_2141515.jpg



2.
d0054276_21411531.jpg



3.
d0054276_21412577.jpg



4.
d0054276_21413589.jpg



5.
d0054276_21414582.jpg



6.
d0054276_21415655.jpg



7.
d0054276_214264.jpg



8.
d0054276_2142161.jpg



9.
d0054276_21422578.jpg



10.
d0054276_2142345.jpg



11.
d0054276_21424521.jpg



12.
d0054276_21425451.jpg



13.
d0054276_214344.jpg



14.
d0054276_21431384.jpg



15.
d0054276_21432847.jpg



16.
d0054276_21433853.jpg



17.
d0054276_21434891.jpg



18.
d0054276_2143572.jpg



19.
d0054276_2144661.jpg



20.
d0054276_21441745.jpg


谷汲ゆり園には3haの檜林に40種類30万球のスカシユリ、オリエンタルなどのユリが植えられています・・・
6月16日と23日には『ゆりまつり』が開催されて私が出掛けた13日にも花と森林浴を楽しむ人が多く来ていました・・・・・^^

『谷汲ゆり園』は7月15日まで開園しています~
入園料は大人500円で障害者200円になっています・・・・・
子供と『ゆりの名前』の人は無料ですから『百合子さん』や『小百合さん』や『ゆりえさん』は是非どうぞ~(笑)

すぐ近くに『満願の湯』と言う立ち寄り温泉があります~
500円で天然温泉に入る事が出来ます・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-06-24 21:52 | 身近な自然の話 | Comments(24)